歯磨き

    歯医者に行くのはみんな嫌い。でも歯周病や虫歯の他、きちんと歯をケアしないことで心臓病や妊娠中の合併症がおきる危険性をも潜めています。そこできちんと歯をケアするためのアドバイスをお教えします。


    実にオーストラリア人の87%が歯の健康は大切であると思っているのに対し、彼らの30%のみがきちんと歯のケアをしている、と答えています。


    歯の健康と直接関係する歯周病や抜け歯の他心臓病、糖尿病、妊娠合併症のリスクも高まります。

    オーラルケアの目的はまず、食べかす、目には見えないバクテリアが潜む歯垢を取り除くこと。きちんとケアしないとはのエナメル質は弱くなり、口臭の原因にも。また、ばい菌が繁殖し、歯石がたまると、歯周病になります。


    そこでお家でできる簡単デンタルケアでをお教えします。

    【虫歯を放っておくと怖い病気に!正しい歯磨きの仕方「2分は時間を割く」】の続きを読む

    歯磨き

    日本人の6人に1人は「酸触歯(さんしょくし)」と言われている。酸触歯は飲食物に含まれる酸によって歯の表面にある「エナメル質」が溶けてしまった状態のことで、歯全体が黄ばんで見えたり、歯がかけてしまったりと、見た目や歯の機能に影響を与える疾患。
    どうすれば予防・対策ができるのか、青山ホワイテリアの大谷珠美院長に伺った。



    【歯が黄ばんできた……それは「酸触歯」かも! どうすれば自分でケアできる?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    歯磨き

    口臭というと、加齢臭の一部のようですが、実は年齢だけが関係しているのではないのです。いまや生活習慣病ともなっている口臭は、若い世代でも問題になっています。その原因は食生活にも大きく関わっているのです。

    同僚や大好きな彼に「口が臭い」なんて思われているかもしれません!

    【年齢のせいではなかった!口臭を発生させる原因は・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ