怪我

    怪我の危険

    古傷を見るたび、「傷跡を残さないためにどうすれば良かったのか?」と思う人もいるだろう。赤く盛り上がった傷跡が、時々無性にかゆくなることもある。そもそも傷跡には種類があることをご存知だろうか? 傷跡の特徴とともに、正しい対処方法を身に付けよう!

    【擦り傷、やけど跡、にきび跡……絶対に傷跡を残さない!タイプ別のケア法】の続きを読む

    NG看護婦さん

    ぎっくり腰!? 私は大丈夫」と思っていませんか?

    実はぎっくり腰は若い人にも起こり、ある日突然起こる腰痛は“急性腰痛”といわれています。

    腰痛は、歳をとってから老化現象として起こる症状と思われがちなのですが、腰に負担をかけてきた若い人にも注意が必要です。とくに何も考えず、何気ない動作や姿勢をとった瞬間に起こります。予期せぬ腰痛なだけに、ぎっくり腰の経験者は、恐怖心を抱いて過ごしてしまうそうです。

    【絶対ダメ!ぎっくり腰をどんどん悪化させるNG習慣3つ】の続きを読む

    びっくりマーク

    「え?こんなことで痛めちゃうの?」と思うほど何気ない動作がきっかけで起こる腰の激痛は、日常のあらゆる動作で起こる可能性があります。一般的には、布団や物を持ち上げるとき、顔を洗うとき、靴下を履くとき、背伸びをした瞬間、急にスポーツをしたときなどに起こりやすいといわれています。

    【「ぎっくり腰」になったとき…やっていいこと悪いこと】の続きを読む

    ぎっくり腰

    運動不足が原因で起こる腰の激痛ぎっくり腰は、重いものを持ち上げる、激しい運動をするなど、姿勢の変化のはずみに起こります。西洋では「魔女の一撃」とも呼ばれるほど急激に起こる強い痛みが特徴で、イスから立ち上がるなどの日常的な動作でもその可能性はあるというので油断はできません。

    【腰に「グキッ」と激痛が走ったら即座にやるべきこと3つ】の続きを読む

    このページのトップヘ