対策

    マリオのキノコ

    暑い日にはキンキンに冷えたビールなど、お酒を飲む機会も増えますね。飲み会やビアガーデン、バーベキュー、キャンプなど挙げればきりがありませんが、お酒を飲み過ぎるとどうしても二日酔いメタボが気になってきます。


    すでにこの夏飲み過ぎてしまった方、あるいはこの先も飲み会などの予定がたくさん入っている方は、ご注意を。二日酔いやメタボになりたくはないですよね。

    そこで今回は、二日酔い対策、メタボ対策になる効果的なおつまみを紹介したいと思います。

    【シジミの5倍も!? 二日酔い・夏バテ対策には「キノコ」が良い】の続きを読む

    胃弱

    二日酔いを経験したことはありますか?

    お酒を飲んだ経験のある大人なら、ほとんどの人が「はい」と答えるのではないでしょうか。夏にはバーベキューや暑気払いなど、お酒を口にする機会も増えますよね。しかし次の日にダメージは残したくないもの。


    しじみのお味噌汁が効く、海草類がいいなど、巷にはさまざまな二日酔い防止策が出回っていますが、今回は二日酔いになるしくみと、食物の成分に基づいた”二日酔を防げる食物”をご紹介します。

    【「死ぬほどツライ」二日酔いを防ぐ食べ物と回復に効く飲料とは?】の続きを読む

    ブロッコリー

    いよいよ夏本番。ビアガーデンや居酒屋などでお酒を飲む回数も増えてくるだろうが、つい飲みすぎて、翌日の仕事がつらい…なんて経験をした人も多いはず。だが最近の研究で悪酔いの原因となる物質の排除を促す成分の存在が明らかになった。それは、ブロッコリーのスプラウト(新芽)に多く含まれる「スルフォラファン」という成分。一体、どんな成分なのか。

    【悪酔い(二日酔い)対策に効果的な野菜は…】の続きを読む

    冷や汗

    暑い夏の満員電車で汗はじわじわ。アナタは大丈夫?ストレスの高いアナタの汗のニオイは強いそうですよ!自分でわからない分だけ意識は高く持ちたいもの。


    「汗」のタイプには2種類あるそう。


    ❑「気温型」:運動や外気温などによって体温が上がった際に、身体が体温調節を行おうとして生成する汗がこのタイプ。
    体温が下がった途端に汗が止まるのも特徴の一つ。


    ❑「ストレス型」
    :緊張している時に出る汗はこのタイプ。冷や汗のようなもの。
    ストレス型の汗は、人間の脳が恐怖や怒りなどを感じた際に「生理的」に起こることなのだそう。
    汗腺が密集している脇などから出される汗は、気温型の汗の30倍の量にもなるそう。


    そして、P&G製品開発を担当する科学者のスーザンさんによると、ストレス型の汗には「タンパク質」と「リピッド」という成分が多く含まれているため、この成分が混ざり合うことでバクテリアが磁石のように集まってしまうそう。そしてこれが汗臭い原因に!

    ・デオドラントや汗ふきシートはバックの中に入れて定期的に使おう!
    ・帰宅してすぐシャワーで洗い流す!
    ・服は暗めの色の、肌にくっつかない「ドライ系」を着よう!

    ただでさえ汗が大量放出される日本の暑い夏。
    ストレス汗を流さないように努力するのも大切みたい。アナタの汗対策は大丈夫?

    転載元:http://lifestyle.jp.msn.com/beauty/news/mynaviwoman/ 

    足が攣る

    それは真夜中に突如襲ってきて、心地よい眠りから苦悶(くもん)の数分間へと続くこむら返り。痛いですよね。

    しかし、その痛さとは裏腹に、大抵は後遺症もなく、すぐ直ります。

    このよく言う“足がツッた”状態では、ふくらはぎ、特に腓腹筋が突然硬直し始め、数秒から数分にかけまったく動けず、固まってしまい、耐え難い痛みを伴います。よりによって休んでいる時、またはよく運動した後などに起こるのは、偶然ではありません。

    【夜中にこむら返り。ツッたふくらはぎ、どうしたらよい?「つま先を自分の方にひっぱる」】の続きを読む

    このページのトップヘ